スポンサーリンク

【ラストオブアス2】神ゲー?クソゲー?クリア後の感想

The Last Of Us PartⅡレビュー(ネタバレ有り)

あの神ゲー「ラストオブアス」の続編「ラストオブアスパート2」のクリア後の感想。発売開始後から色々と炎上?している本作品ですが、わたし自身も実際プレイして、物議を醸す作品ではあるなと感じました。ただ作品としてのクオリティーは最高レベルで、ここまでプレイして心を揺さぶられる作品は久々でした。ジャンルが違うので比べるのはおかしいかもしれませんが、FF7 remakeが信じられないくらいクソゲーだったので、格の違いを感じられる作品でした。

プレイ開始時からの違和感。

LGBTや人種・宗教の多様性を意識した表現が多くされており、ある意味社会的な配慮もされていてそれは素晴らしいことだと思う。ただやはり違和感を感じずにはいられない。社会的な流行や世の中の流れを汲んでストーリーに取り入れられたことだとは思うが、作品のファンとしては、複雑な気持ちになった人も多かったのではないでしょうか。

エリーとディーナのキスシーン

エリーがLGBTとして描かれているが、殺されたジョエルのための復讐劇にその設定はいる?エリーとディーナのキスシーンは正直いらないと思ったし、物語を無駄に複雑化させてしまった要因の一つかもしれない。製作側の意図ではあるかと思うが、物語が複雑になるほど、プレイヤーの気持ちとは裏腹に裏切られた気持ちにもなった。

多様性の表現

主要キャラクターとしてアジア人のジェシー、ヤーラ、レブが登場しますが、違和感を感じずにはいられない。しかもレブはトランスジェンダーという設定。これではポリコレを意識し過ぎた作品だと言われてもしょうがない。

キャラクターのスイッチ

本作では、もう一人の主人公アビーを操作することになる。ジョエルを殺した張本人を誰がプレイしたいと思うだろうか。前作をプレイしている人ならば、エリーとジョエルに思い入れが強い分、非常に萎えた部分である。憎きアビーを操作して、あえて敵に殺されてみたり、エリーとのバトルの際は、エリーを傷つけたくない一心でやられまくりました。アビー側のストーリーを知ることによってプレイヤーの葛藤を生むのを狙っていたのが製作側の意図であったとも思うが、やはり大多数のプレイヤーはエリー側に立っていただろう。PewDiePieのゲーム実況でもアビーに切り替わっときに、自分と同じ反応をしていて、やはり皆思うことは同じだよなと感じました。

ラストオブアス2の良かった点

緊張感のある戦闘が楽しい

前作同様、ステルスで敵を倒すも良し、武器で正面から倒すも良しで戦闘の自由度があり、戦略を考えるのも楽しいです。武器も豊富で、スキルを覚えていくにつれて、選択肢も増えていきます。個人的には爆発矢が強すぎで好きでした。ノーマルでプレイをしましたが、難易度もちょうどいいレベルでした。

グラフィックがとにかく綺麗

細部にわたってとにかくグラフィックが綺麗。某大作RPGのように無駄にロードが長いといったストレスもなく、物語を忘れて、思わず立ち止まってしまった人も多いのではないでしょうか。

ラストオブアス2は結局クソゲー?

私的には、ラストオブアス2はクソゲーでもなく、神ゲーでもなくといったところですかね。評点をつけるとしたら、5点満点で4点といったところでしょうか。良作であるのは間違い無いですが、もっと純粋に楽しめるものであっても良かったのかなと思います。プレイヤーのメンタル的な負担が多過ぎ。

Playstation 公式サイト https://www.playstation.com/ja-jp/games/the-last-of-us-part-ii/

おまけ(フォトモード)

フォトモードでディーナと記念撮影しました。どんな時でもディーナは避けてくるので安心です。

PS4クソゲーで始まりラストは神ゲーと思えるゲーム3選

ギターを弾いて遊ぶゲーム PS4版 Rocksmith 2014 ロックスミス

コメント