スポンサーリンク

詐欺!?海外旅行のちょっと危険な体験談(イタリア編)

イタリアのちょっと危険な体験談

イタリアへ旅行に行ったときのお話です。ミラノとローマの2都市と青の洞窟で有名なカプリ島に行きました。イタリアには、名所がたくさんあり観光としては、申し分のない行き先ですね。

都市:ローマ 「駅の職員コスプレ案内詐欺」

帰国の日に事件は起こりました。

ホテルを出発し、テルミニ駅からバスでフィウミチーノ空港(ローマの国際空港)に向かう予定でしたが、バスのチケットカウンターで、なにやら受付の人と客が揉めている。どうやらバスが遅れているようで、結局予定していたバスがキャンセルになった模様。次の便では、空港のチェックインに間に合わなそうだったので、急遽駅からタクシーで空港に向かうことに。

ただその時、旅行の最終日ということもあって、バス代程度しか現金が残っておらず、タクシー代がこのままでは足りないということに気づきました。仕方なく、駅のATMで現金を下ろすことにし、駅でATMを探していると、駅職員の男性の方が「どうしたのかと」声をかけてくれました。わたしが「ATMを探している」と言うと、彼は親切にATMまで案内してくれました。バスがキャンセルになってしまい、時間的にも少し焦っていたので非常に助かりました。ナイスイタリア人!

わたしはお礼を言って、無事現金を下ろし、タクシーに向かおうとすると、駅職員の方が、何か言いながら追いかけてくる。話を聞くと、「助けてあげたから、お金をよこせ」と言っている。まあ助けてもらったのは事実ですし、これは失礼しましたとポケットに入っていた2ユーロコインをチップとして渡しました。すると「2ユーロでは足りない。20ユーロだ」と言ってきました。なにやら雲行きが怪しくなってきましたね。そこでわたしはやっと彼が駅員ではないことに気づきました。駅員風コスプレをした詐欺師ですね。わたしは、はっきり「ノー」と言って、タクシーに向かいました。結局タクシーに乗るまで、着いてきましたが、徹底的に無視を決め込み、なんとか撃退しました。最後に彼が「2ユーロじゃ晩飯が食べれない」と言っていたのが、印象的でしたw

皆様もイタリア旅行の際はお気を付けください。

コメント