スポンサーリンク

【レトロゲームレビュー】伝説のバカゲーESPNストリートゲームスが面白い

ESPNストリートゲームスレビュー

1996年5月24日に発売されたプレイステーション用ソフト「ESPN ストリートゲームス」。プレイヤーはスケートボード 、ローラーブレード、ストリートリュージュ、マウンテンバイクから選択をして、世界の様々な都市でレースをするゲームです。

開発は、Sony Interactive Studios Americaで北米では「ESPN Extreme Games」というタイトルで1995年9月9日に発売されています。その後ソニーとESPNのライセンス契約が終了したため、「1Xtreme」というタイトルに変更されています。シングルプレイ、2人プレイに対応しています。

レース中は、殴る蹴るなんでもありのバカゲー

バカゲーと言っても、いい意味でのバカゲーです。このゲームはただのレースゲームではありません。プレイヤーは、レース中にライバルを殴る蹴るの妨害ができます。もちろん反則とかはありません。特におすすめは画面2分割での2人プレイです。マリオカートのように、アイテムで攻撃するとかはありませんが、殴る蹴るのもっと醜いレースが毎回楽しめます。

ゲートをくぐって賞金をゲット

コースには3種類のゲートが存在します。緑のゲートは賞金。黄色のゲートはシーズンポイント、紫のゲート障害物ギミックの開閉。緑のゲートの賞金と黄色のゲートのシーズンポイントは重要ですので、うまく通過したいところですが、障害物もありますので、あまり欲を出してしまうと、レースの順位を落としかねないので注意が必要です。

意味不明な障害物のオンパレード

動く壁や落石、鶏、車など様々な障害物が邪魔をしてきます。障害物に加えて、プレイヤーが殴る蹴るの妨害をしてくるのですから、もはやカオス以外のなにものでもありません。レースをノーミスでクリアするのは、かなり至難の技と言えます。

賞金を貯めてギアをグレードアップ

賞金を貯めることで、ギア(スケートボード 、ローラーブレード、ストリートリュージュ、マウンテンバイク)のグレードをアップすることができます。レースで勝つにはギアのアップグレードは必須です。ただスピードが出しすぎて、障害物に突き刺さることがよくあるので、そこは注意が必要です。

ストリートリュージュは、速いが難易度が高め

ボードに寝そべって滑走するストリートリュージュは、スピードが出ますが、敏捷性が悪く障害物を交わすことが難しいので、始めは避けたほうがいいでしょう。マウンテンバイクやローラーブレードが比較的扱いやすいので、オススメです。

こんな人に「ESPNストリートゲームス」をおすすめ

  • 友達とよく二人プレイする
  • マリオカートが好き
  • くにおくんシリーズが好き

グラフィックはプレイステーションソフトの中でも、決して良いものではありませんが、十分楽しめる内容となっています。難易度が高いので、コースを攻略していくのも面白いです。あまり認知されているゲームではありませんが、過小評価されているプレイステーションソフトの一つだと思っています。ぜひおすすめのレトロゲームです。

【ラストオブアス2】神ゲー?クソゲー?クリア後の感想

PS4クソゲーで始まりラストは神ゲーと思えるゲーム3選

コメント