スポンサーリンク

バイオハザードRE3海外版を実質無料?でプレイ

海外版バイオハザードRE3を買ってみた

2020年4月3日に発売されたPS4用ソフト「バイオハザード RE3」。ご存知の方も多いかと思いますが、海外版のバイオハザードは「Resident Evil」というタイトルになっていて、国内版は過激な描写に規制がかかっているのに対して、海外版は過激で規制なしのグロい描写になっています。

国内版は規制されているのかと思うと、なんとなく損している気がしてしまい、あえて海外版のグロ規制なしの「Resident Evil 3」を買って、そんでもってなぜかお得な経験をしたというお話をしたいと思います。

海外版のバイオハザードRE3購入サイト

やはりここは天下の米Amazon様(https://www.amazon.com)で購入!アメリカのAmazonとは言っても、アメリカ在住でなくてもアカウントは作れますし、国際配送にも対応しているので、ほとんど日本のAmazonと同じような感覚で使えますね。配送も早い時は3、4日ぐらいで届くこともあります。まぁ後は、英語ですよね。なにかトラブルがあったときに、英語が苦手だとアワアワしちゃいますよね。

そんなことはさておき、米Amazonで予約をしようと「Resident Evil 3」を検索をしたら、

$49.94っていくらだ?多めに見積もって1ドル110円としても、¥5,500くらいだよね。あれ?安くねーか?国内版は¥8,000ぐらいしたよねー?うわぁ〜日本人ぼったくられてるー!やべぇ〜!と思いながらポチりましたw

送料が高いんじゃないかと、思われるかもしれませんが、意外と安く$2.8でしたので、合計$52.74ですね。日本円にしたら¥5,800くらい?

やっぱり配送は、発売日当日に届くわけもなく、3、4日遅れましたが、無事プレイすることができました。

クリア後はメルカリ出品

んで、結局なにが実質無料なの?ってことなんですが、わたくしみたいな人間は、すぐクリアして売っちゃうわけですよ。そんで日本にいる人様は、バイオハザードRe3は¥8,000円くらいすると思っているんですよ。だからメルカリで国内相場より値段下げて売っても、むしろ儲かっちゃうというお話でした。ちなみに海外版でも日本語でプレイできました。

クリアまでの時間はスタンダードでだいたい4時間ぐらいだそうです。わたしはネメシスにたっぷりいじめられたので、もう少し時間がかかりましたが。。。スピードランしている人は、クリア1時間きっちゃうから、内容的には短いよね。

コメント